2005年10月17日

『砂の器』

【837】
『砂の器』
 岡島昭浩
 - 05/5/18(水) 17:23 -
----
ことば番組放送予定の一部や、誤植の一部で触れられた、都竹通年雄の「とだけ」については、新潮文庫の編集の方に一応連絡はしておきました。

小西いずみ「松本清張『砂の器』における「方言」と「方言学」」『都大論究』42号 2005.4

という論文を見ましたら、カッパノベルスから「とだけ」のルビが付けられている、ということでした。なお、小西氏は改版前の新潮文庫は見ておられないようです。

たしか、Yeemarさんが、『砂の器』における方言の話を書いてらしたと思うのですが、どこでしたっけ。

黒崎良昭「松本清張「砂の器」におけるズーズー弁の不思議」『園田学園女子大学論文集』38,2003.11

というのもあるそうです。



【840】
Re:『砂の器』
 Yeemar
 - 05/5/18(水) 21:49 -
----
▼岡島昭浩さん:
>たしか、Yeemarさんが、『砂の器』における方言の話を書いてらしたと思うのですが、どこでしたっけ。


方言の話というほどもない事ですが、

>ことば番組放送予定の一部


に少し書きました。黒崎氏・小西氏のご論文は、私の疑問にこたえてくれるかと思いますが、はたしていかが。



【845】
Re:『砂の器』
 岡島昭浩
 - 05/5/20(金) 23:44 -
----
▼Yeemarさん:
>黒崎氏・小西氏のご論文は、私の疑問にこたえてくれるかと思いますが、はたしていかが。


小西氏のものしか読んでいませんが、疑問を共有することになるのではないかと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8257390
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。