2005年10月17日

つい読んでしまっていた

【32】
つい読んでしまっていた
 岡島昭浩
 - 04/4/29(木) 12:18 -
----

「つい読んでしまう」
を継承するものです。

学部生時代に大学院の受験勉強をしていた時には、「てにをは義慣鈔」を「てにをは義憤鈔」だと思っていました。なんだか義憤にかられて書いた書だと思ったわけです。
院生になり、序文を読んで、この「義慣」が古今集真名序の「語近人耳、義慣神明」によるものだと書いてあることにより、間違いに気付いたのでした。

外題学問ではいかん、ということですね。

真名序は、
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pinewell/waka/kokin/k_manajo.html
ここにありましたが、他にもありそうに思います。
ただ、古今集の歌だけとかは多くても、真名序はあまりなさそう。
(国文学研究資料館にはありますが、自由なデータではないので)



【368】
つい読んでしまう人が居るだろう
 岡島昭浩
 - 04/9/14(火) 10:13 -
----
勝海舟の『氷川清話』を、「氷川きよし話(ばなし)」と読む人が居るのではないでしょうか。



【590】
Re:つい読んでしまう――よしやろう
 Yeemar
 - 04/12/14(火) 21:42 -
----
中村美律子の歌「一本勝負」は、作詞・よしやろう、作曲・岡千秋。

かと思ったら、「やしろよう」という人でした。「よし、一本勝負やろう」というわけではなかったようです。(NHK「歌謡コンサート」2004.12.14)



【594】
Re:つい読んでしまう――よしやろう
 NISHIO
 - 04/12/15(水) 11:48 -
----
仏教学者「ひろさちや」氏の名前を、何度見ても「ひろちさや」と空目してしまいます。数前まで「ひろち・さや」という女性名だと思っていました。

私だけではないらしく、googleで「ひろちさや」が 497 件も出てきます。「ひろさちや」は 10,100 件でした。



【779】
Re:つい読んでしまう
 岡島昭浩
 - 05/4/2(土) 1:23 -
----
「休刊雑誌」というところを見ていて、「月刊くるまえび」……「車海老」ねぇ、と思ったら「月刊くるまえらび」……「車選び」でした。

月刊くるまえらびGRANDE      ディーアンドエー      4月号      05.03.01

だそうです。
http://www.zasshipark.com/new/kyuukan_frame.html



【781】
Re:つい読んでしまっていた 「郵便」
 岡島昭浩
 - 05/4/2(土) 20:26 -
----
「郵便」を「タレベン」と読んでしまい、「差入口」が高すぎると思った、という話は、前島密自らが記しているのですね。

森銑三『明治人物逸話辞典』下に引く、前島密「郵便創業珍談」(『漫談明治初年』所収)に、「郵便」という語の難しさに、「かような珍談が幾らもある」と記しています。

『漫談明治初年』は復刊されてて、今でも買えるのですね。
漫談明治初年



【1063】
Re:つい読んでしまった
 岡島昭浩
 - 05/10/4(火) 14:30 -
----
下品かもしれません。

http://d.hatena.ne.jp/nosem/20051003#p1

に見える、ハンガリー語の「結婚まだ?」の片仮名表記、つい読んでしまいます。
「○○、待ちくたびれた」と


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8260684
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。