2005年11月06日

日本語ボーダーライン

これも、日本語テストの番組です。出演者はTBS特番「日本語チャンピオン決定戦'05」と重なっていました。中川秀直代議士や、乙部綾子さん(ライブドア広報)なども出ていて、「だれでも出ているなあ」と思いました。

田島さんが
> それから何の番組だったか、「二の舞を演ずる/踏む」のいずれが正しいか、という問題を出題して、「演ずる」を正解としていました。
とおっしゃるのは(こちら)、この番組のことでしょうか。

「汚名挽回」は、この番組では誤りとされています。この語が誤りとされるようになったのは、平成16年度「国語に関する世論調査」の結果から推測すると、今の30〜20代の人が学校に行っていたころのことでしょう。しかし、高島俊男『お言葉ですが…5』p.85には、川越市・高山盛次さんの「汚名挽回」擁護論が記され(「頽勢〔劣勢〕を挽回とも言う」なるほど!)、北原保雄編著『問題な日本語』および『続弾!問題な日本語』p.90では「「名誉挽回」も「汚名挽回」も正しい言い方」と記されています。

「この言い方は間違い!」という決めつけが、人々のことばコンプレックスに悪影響を与えている一例だと思います。

----
2005.10.09 テレビ朝日
●「合格!日本語ボーダーライン」
http://www.tv-asahi.co.jp/tokuban/2005aki/contents/article/0024/

・16歳から80歳までの男女1万人に出題
・国民1万人の正解率に芸能人が挑みます

司会・所ジョージ・今田耕司
解答者・赤井英和/ウエンツ瑛士/小木博明(おぎやはぎ)/乙部綾子/勝俣州和/かつみ〓(かつみ〓さゆり)/金子貴俊/KABA.ちゃん/熊田曜子/黒沢年雄/児嶋一哉(アンジャッシュ)/佐藤弘道/〓さゆり(かつみ〓さゆり)/柴田理恵/清水ミチコ/笑福亭笑瓶/高田万由子/田丸麻紀/土田晃之/出川哲朗/中川秀直/西川晃啓(レギュラー)/馳浩/ビビる大木/藤村俊二/ほしのあき/松本康太(レギュラー)/森下千里/八代亜紀/矢作兼(おぎやはぎ)/山田花子/吉田秀彦/レイザーラモンHG/脇知弘/渡部建(アンジャッシュ)

(〔 〕は補足。×は、誤答例・誤り選択肢。?は、誤りとされた誤答例・誤り選択肢で、私には疑問の例。※は私の一言)

〈冒頭の問題〉〔かわいい孫が〕愛嬌(×愛想)をふりまく
〈練習問題・送りがな〉預かる/必ず/危ない/謝る/燃やす/争う/荒らす/幼い

・スタジオの芸能人30人の中から10人を選出 国民1万人の正解率48%の場合5人正解でクリア

〈送りがな〉少ない/湿る/暖かい
〈練習問題・読み方〉口腔外科/幅員減少/寄席/在庫僅少/廉価版/御芳名/約款/忌中/享年(※実際の街の字をVTRで示しており好感が持てた〔もっとも捏造を含むか?〕)
〈読み方〉月極(※国民の正解率92%、スタジオも全員正解)/作務衣/迂回路/鍼灸院
〈練習問題・選択〉アイツは風上(×風下)にも置けない奴だ/汚名返上のため頑張るぞ(?汚名挽回のため頑張るぞ ※上の注記参照)/舌先三寸(×口先三寸)人を丸め込む/念頭に置く(×入れる)/二の舞を演じる(?二の舞を踏む ※『今様こくご辞書』参照)/その女優が極め付き(?極め付け)の名演技を見せた/勝利の公算が大きい(?高い)/陣頭で指揮をとる(×ふるう)/焼けぼっくい(×焼けぼっくり)に火がつく/碁を打つ(×指す)

明海大学・山本陽史教授(中継出演)「よく間違えるのは、やはり『汚名挽回』ですね。『挽回』っていうのは『失った物を取り返す事』なんですね。ですから汚名を挽回すると、また汚名が来ちゃうということで、正しいのは『名誉挽回』っていう言い方がいい」
所ジョージ「ちゃんと理にかなってるんですね。われわれ、間違って使っても通じちゃうんですよね。そこがいけないね」
→異論については冒頭の注参照。

〈選択〉ついに彼は伝家(×天下)の宝刀を抜いた/身内に足(×足元)をすくわれる/時期尚早(×早尚)/初優勝を決めて一躍脚光を浴びた(×集めた)/彼女は押しも押されもせぬ(×押しも押されぬ)人気作家だ
〈練習問題・読み方〉円ら(国民の正解率18%)/戦く(13%)/荒む(38%)/連む(17%)/労う(30%)/労る(16%)/徐に(19%)/怠い(7%)/健か(したたか ※「強か」なら分かるが、これは知らなかった。『大字源』にあり。2%)
〈読み方〉予め(36%)/焼べる(※くべる ATOK17になし。17%)/強か(13%)
〈練習問題・選択〉〔期待に心が〕躍る/〔限界を〕超える/〔危険を〕冒す/〔会議で資料を〕配付(×配布)する/協力態勢〔を整える〕/〔失敗の責任を〕追及する
〈選択〉心身〔を鍛える〕/〔距離を〕測る

矢作兼「(冗談で)両方あるよね。どっちが間違いだ、絶対には言い切れないすよね」
今田耕司「言い切れます。ちょいちょいおかしなこと言うね」
所ジョージ「そんな半端な問題出さないから」
→なかなか、自信満々であります。

〈選択〉冷え性〔で困る〕/大勢〔のファンが集まる〕/〔田舎に〕とんぼ返りする
〈練習問題・選択〉筆が立つ=文章を(×字を)書くのが上手い/天地無用=上下を逆さまにしてはいけない/失笑=おかしさに耐えきれず笑うこと(×人をバカにして笑うこと)/おもむろに=ゆっくりと(×すばやく)/遺憾に思う=残念に思う(×申し訳なく思う ※政界では後者の意味、と中川代議士)/刹那に=瞬間に(×悲しげに)/暮れなずむ=なかなか日が暮れないでいる様子
posted by Yeemar at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送記録および予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。