2005年11月16日

「バードウォッチング」と言い出した人

松田道生『野鳥をよむ』(アテネ書房 1994)に

「日本で最初のバードウォッチングの入門書である。これ以前にも野鳥観察の方法を説いた本は、あるにはある。しかし、バードウォッチング(本書ではバードワッチングといっているが)と、カタカナで銘打ったのは、この本が初めてである。」
「この本の出版を契機に、野鳥観察からバードウォッチングという言葉が一般的になり、飛躍的にバードウォッチングが知られるようになった。」

等々と紹介される「本書」「この本」は、岩本久則『岩本流 野鳥観察手帳』(山と渓谷社 1978)。他にも称賛の言葉があるのですが、あまり引いては差し支えそうですのでこの辺りにて。
「趣味は?」と問われて「野鳥観察です」では重くて大事(ごと)のようです(なぜか刑事ドラマの「張り込み」を連想)。が、「バードウォッチングです」なら気軽に口にでき、趣味らしい感じもする。やはり「言い換え」に効果はあるようです。
posted by satopy at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | この人が作った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば1980年ごろ、『マンウォッチング 人間の行動学』(デズモンド・モリス著(藤田統訳)、小学館1980)がブームになってましたね。後続書も随分出たようだったから、「ウォッチング」の定着にはこちらの方が影響力があったかもしれませんね。
Posted by satopy at 2005年11月16日 10:20
稲垣吉彦『最近日本語歳事記』のp71に、

「探鳥会」から「バードウォッチング」ということばに変わったきっかけは、アメリカのシュレジンジャー長官の来日である。昭和五十年八月二十日の早朝、シュ長官は忙しい合間をぬって軽井沢でバードウォッチングを楽しんだ。この様子が「バードウォッチング」という新語とともに新聞にのった。「健康マラソン」が、力ーター大統領が東京サミツトで来日中ジョギングをやってこのことばが完全定着したのに似ている。

とありました。
http://www.nikkoku.net/tomonokai/toukou_card.html?snum=411
これはその翌年。

こういうのを経て、単行本の題名に取り入れられるところに到ったと言うことなのでしょう。

「ワードウォッチング」は、小矢野哲夫さんを始めいくつもあるようですね。
Posted by 岡島昭浩 at 2005年11月16日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。