1996年08月11日

【新聞に帰省ラッシュの記事「旧盆」】

 この時期、毎年気になるのが、「旧盆」という言い方。「月遅れの盆」のことを何故「旧盆」と言うのだろうか。新聞の別の面を開けば、ちゃんと旧暦が記してある。今日8月11日はまだ6月である。今年の旧盆は新暦の8/26,27,28のようだ。
 仙台の七夕祭の事を「旧七夕」なんて言っているのを聞いたことはなく、ただ「七夕」と言っているのだから、月遅れの盆にしてもただ「お盆」と言えばいいと思うのだが。多くの地域は月遅れでお盆をやっているようだが、東京では7月にお盆をするというのは本当だろうか。
 妻の実家は熊本県鹿本郡で7月の盆。私の両親の郷里である鹿児島県大島郡徳之島町では、私が子供の頃には本当に旧暦で盆をやっていた。お墓からの帰り、満月だった。
posted by 岡島昭浩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 目についたことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96491458
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。