1996年08月21日

【何が悲しくて】

 一昨日『日本語学』1993-6「特集/近・現代語の語源」を取り上げた。その中に、新野直哉氏「何が悲しくて」がある。「何の因果で・どんな理由があって」というような意味の慣用句に関する考察である。

 「何が悲しゅうて」というウ音便形もあることから、新野氏はこの慣用句が関西方言に由来するものである可能性を考える。
 新野氏は近過去から現代に至る幅広い文献から用例を拾い集めてくる、平成の見坊豪紀とも言える人であるが、この「何が悲しくて」に関しては、1988年に遡っているだけである。
 以下に掲げる用例は、筒井康隆・田辺聖子と、いずれも関西系の作家である。

  • 1968筒井康隆『筒井順慶』角川文庫p34(1970『欠陥大百科』の漫画p161も同様)
    何が悲しゅて文学や、ああ文学や文学や、

  • 1984筒井康隆『虚航船団』新潮文庫p8
    何が悲しくて自分がそのように猥褻(わいせつ)とも言える恰好(かっこう)をしなくてはならないのか」

  • 1986筒井康隆「おもての行列なんじゃいな」『原始人』文春文庫p72
    「何をあなた、貴族の令嬢が煙草屋の伜のところへなど何が悲しゅうて嫁に来る」

  • 1986筒井康隆『歌と饒舌の戦記』新潮文庫p214
    何が悲しゅうて3-7564(みなごろし)なんちうバスに乗らなあかんねん」

  • 1972田辺聖子「おちょろ舟」(『中年の目にも涙』文庫p91)
    何が悲しくて女房と一年中くっついていなければならんのだ」


 年代は一応1968年まで遡れた。もっと古い用例があるのではないかとも思え、また、関西ではずっと以前から言われている言葉であるようにも思うがどうなのだろうか。
《筒井康隆「乖離」『文學界』1997-3)にも。村上春樹『はいほー』。佐藤亜紀『陽気な黙示録』
posted by 岡島昭浩 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 目についたことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「何が悔しくて」が、浪曲にある。広沢虎造。
Posted by 岡島 at 2009年02月03日 15:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。