2005年11月27日

世界一受けたい授業

これも「日本語番組」に含めていいでしょう。2005.10.29は篠崎晃一氏が「ネーミング」について、2005.11.19は山口仲美氏が「オノマトペ」について講義したようです。残念ながら見逃しました。他分野の講師の話もおもしろそうで、ふだんも見れば、ベストセラー本を買わずにすむかもしれません。

以下は、以前に見たものです。ホームページに詳細があるため、扱われた語のみ簡略に記録します。

2005.07.23 日本テレビ
●「世界一受けたい授業・1億人の国語算数理科社会教養 夏休みスペシャル」
http://www.ntv.co.jp/sekaju/student/20050723.html

堺正章/くりぃむしちゅー ゲスト・西城秀樹/片瀬那奈/劇団ひとり/はしのえみ/三倉茉奈/三倉佳奈/高畑淳子/久本雅美/細山貴嶺/伊集院光

1時限目・国語・日本語知ってるつもり?!(金田一秀穂)
・語源を問う:〈初級編〉「おまけ」「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさまでした」「明後日(あさって)」〔「明日が去った後→明日がさった後→明日あさっと→あさって」という説明はいかがなものか? だいいち「あさっと」とは何?〕「おしゃれ」〈上級編〉「几帳面」「シカト(しかと)」〔伊集院光さんは「花札の紅葉の十点札が語源」と正答。物知りなり〕「ブス(ぶす)」「朝っぱら」

・変化した言葉問題:〔問題の古語が、今のどういう語に痕跡をとどめているか〕:「左様」「飯櫃(いいびつ)」「ヲコ(をこ)」「波残り」「御器かぶり」
posted by Yeemar at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 放送記録および予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイトルだけに反応して仕舞いますが、
「世界一受けたい授業」という、「世界一」に主観的な形容詞を続けるのに、私は抵抗があります。

「世界一高い」「世界一速い」は勿論、「世界一美しい」「世界一おいしい」の様な判断に主観が交じるものも大丈夫ですが、タイトルの「世界一…したい」をはじめ、「世界一痛い(病気の痛み)」「世界一眠い(経験)」などは、皆だめです。 タイトルのは「世界一辛い試練」に類するのでしょうか。(これはいい様な気もします)。Yeemarさんは如何でしょうか。
Posted by 豊島正之 at 2005年12月09日 07:45
この番組タイトルが特殊な使い方であることには気づきませんでした。

「世界で一番受けてみたい授業」であれぱ、私には違和感はありません。

また、「この大学で一番受けてみたい授業はなんですか?」とは言えても、「大学一、受けたい授業はなんですか?」とは言えません。「大学一人気のある授業」ならば言えます。

「世界一」「日本一」「大学一」は「衆目の一致する」という含みがあって、主観を表す「たい」は使えないということでしょうか。

「村一番の嫌われ者」はよいが、「村一番の嫌いな人」はおかしいようです。これも同じことでしょう。
Posted by Yeemar at 2005年12月09日 11:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。